仁科仁美 結婚拒否の交際相手が合コン!兄・克基に涙の相談

[ 2015年3月22日 12:18 ]

俳優の仁科克基

 俳優の仁科克基(32)が22日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。14歳年上の飲食店チェーン経営者との間に第1子を妊娠しながら、お相手が結婚を拒否している妹でタレントの仁科仁美(30)の“騒動”について語った。2週間前、仁美から「彼が西麻布で合コンしている」と泣きながら相談されたことを明らかにした。

 克基によると、男性は昨年10月に母で女優の仁科亜季子(61)仁美が住む家に引っ越してきた。現在も母娘と同居しているという。克基は別に1人暮らししている。

 17日発売の一部女性週刊誌で、お相手の男性が1月下旬に東京・六本木で合コン。「女(仁美)は妊娠してるけど、責任を取りたくないんだ」などと語ったことが報じられた。

 すると、芸能リポーターの井上公造氏(58)が「つい最近も合コンしていたという話を聞いた」と克基に質問。克基は「仁美から泣きながら相談の電話がかかってきたのが2週間前。『彼が西麻布で合コンしているらしい』と。この騒動が勃発している最中に合コンですよ」と打ち明けた。克基の調べによると、男性はその合コンがつまらず、キャバクラに足を運んだという。

 克基は「仕事が忙しいから」と男性と一度も会えていない。「とりあえず1回、会わせてください。仁美抜きで、男同士で話がしたい」と呼び掛けた。
 
 仁美は6月出産予定。父親は、年商150億円とも言われる経営者。昨年1月頃に知人を介して出会い、交際に発展した。仁美は昨年いっぱいで所属事務所との契約が終了。結婚に伴う“寿退社”とみられたが、今回の“騒動”に発展した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年3月22日のニュース