加藤浩次 元相方・山本の復帰に言及「いつかは2人でやりたい」

[ 2015年1月5日 08:08 ]

加藤浩次
Photo By スポニチ

 タレントの加藤浩次(45)が5日、司会を務める日本テレビ「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)に生出演。前日4日、お笑いライブ(19日、東京・下北沢駅前劇場)の開催を発表した「極楽とんぼ」の元相方・山本圭壱(46)に言及した。

 番組の冒頭でこのニュースが伝えられると、「すいません、(新年)最初の話題から私事の…山本の話題で」と笑顔を浮かべて“謝罪”。山本とは2人で話して「自分の力でどこまでできるか、やってみたい」と言われたという。加藤は「本人の意向を尊重したい。ここからあいつがどこまでできるか」と相方にエールを送り、「僕自身も極楽とんぼとしていつか2人でやりたいと思っているので。この延長線上に極楽とんぼ復帰、極楽とんぼがもう1回ライブをやったり、2人で活動できるように、僕も心から思っております」とコンビ復活の希望を口にした。インターネットなどでは復帰に対して否定的な意見もあるが「賛否あると思いますがよろしくお願いします」とした。

 4日、山本のホームページが立ち上がり、手書きのチラシがアップ。開演は午後7時半、料金は投げ銭、チケット予約概要などが告知された。

 「出演者 極楽とんぼ 山本圭壱」とコンビ名を冠し、本名の「山本圭一」から旧芸名の「山本圭壱」を使っている。

 山本は2006年7月、淫行騒動を起こし、所属事務所から契約を解除された。以後、芸能活動を停止している。

 加藤は06年7月19日、山本の解雇を受け「スッキリ!!」で「私、加藤といたしましても深くおわび申し上げます」と謝罪。「16年連れ添った相方がこういった形で…」と言うと、大粒の涙をこぼしながら嗚咽。懸命に謝罪の言葉を続けようとしたが、相方への思いは抑え切れず「ちょっと気持ちの整理ができていない状況です」と苦しい胸中を吐露した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年1月5日のニュース