「ベイマックス」妖怪超え!公開3週目の週末興収&動員1位

[ 2015年1月5日 18:25 ]

映画「ベイマックス」の1場面。少年ヒロを抱き締めるベイマックス(C)2014 Disney.All Rights Reserved.

 ディズニーアニメ映画「ベイマックス」が公開3週目となった3、4日の週末2日間で、興行収入6億6999万2100円、観客動員50万5074人を記録。ともに人気アニメの初劇場版「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」を上回り、週末興収&動員1位に輝いた。5日、配給元が発表した。

 昨年12月20日に封切られ、オープニング週末2日間は興収6億41万500円、観客動員46万3556人。公開3週目の数字が上回った。

 4日付の累計興収は41億4533万9200円、累計動員は326万2260人となった。

 公開16日間で40億円を突破するのは「アナと雪の女王」に次ぐディズニーアニメ日本歴代2位。最終的には60億円突破が見込まれる。

 「ベイマックス」は唯一にして最愛の肉親だった兄タダシをナゾの事故で亡くした少年ヒロと、心とカラダを守るために作られたケアロボット“ベイマックス”が繰り広げる感動アドベンチャー。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年1月5日のニュース