“元祖レリゴー”イディナ・メンゼルが紅白出演 NYから生歌

[ 2014年11月22日 05:30 ]

「Let It Go」を歌うイディナ・メンゼル(AP)

 ディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌「Let It Go」を歌った米女優イディナ・メンゼル(43)が、大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に米ニューヨークから衛星中継で出演することが分かった。本家エルサ役が、今年を代表する世界的ヒット曲を日本に届ける。生歌唱の“レリゴー”で一年を締めくくる。

 今年の日本の音楽業界で最大のヒット曲とあって、NHKは早期から紅白の目玉にすることを目指し、国内外の関係者と交渉を続けてきた。その結果、メンゼルは来日が困難なため、現地からの出演となった。時差は14時間で、紅白の放送時間は現地時間31日午前5時15分~9時45分。早朝の歌唱にもOKが出た。

 歌う会場は現在調整中で、屋外となる見込み。年末年始のニューヨークは天候が荒れることも多く、NHKは、雪の舞うマンハッタンでメンゼルが歌う“実写版アナ雪”の実現に期待している。

 今年の紅白のテーマ「歌おう。おおみそかは全員参加で!」にも合致。同曲をめぐっては、映画館で観客が歌える特別上映会も組まれ、日本語のカバーバージョンはカラオケチャートでも長く1位をキープ。今年最も歌われた1曲となり、収録アルバム(サウンドトラック盤)は125万枚を出荷している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年11月22日のニュース