ラスト座長公演上演中…サブちゃん、最後まで「全力投球」

[ 2014年11月6日 07:03 ]

 最後の座長公演を大阪・新歌舞伎座で上演中の歌手、北島三郎(78)が5日、大阪市内で懇親会を行った。通算4511回目となったこの日の公演も、予定を約30分延長しての大熱演。「おれたちがサービス精神をなくしたらダメ。客席と舞台との壁は作りたくないからね」と疲れた様子も見せず、30日の千秋楽まで「全力投球」を誓った。

 昨年末でNHK「紅白歌合戦」を卒業。その後、毎年行ってきた1カ月単位の座長公演を来年1月の福岡・博多座公演を最後に「卒業」すると宣言した。毎年、当然のように年末は紅白に費やしてきたが、今年は初めて「テレビで紅白を見ることになるけど、年明けには博多座のけいこがあるからね。再来年あたりは、正月はのんびり家族で過ごしたいね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月6日のニュース