青木を支えた佐知夫人 リーグ制覇に感激「まだまだ終わりませんよ」

[ 2014年10月16日 16:42 ]

ロイヤルズ青木の佐知夫人

 29年ぶりのア・リーグ優勝とワールドシリーズ進出を決めたロイヤルズ・青木宣親外野手(32)の夫人で、元テレビ東京アナウンサーの佐知さん(31)が16日、自身のブログを更新。チームの快進撃を喜び、「本当に本当にご声援ありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。

 佐知夫人は「おかげ様で、ロイヤルズがア・リーグチャンピオンになることができました!」と報告。この日は2人の子どもとともに球場で夫の活躍を見守り、試合後には表彰式に姿を見せたが「家族4人で球場一周できたこと、一生の宝物です」と感激の心境を明かした。

 ロイヤルズはワイルドカードゲーム、地区シリーズ、優勝決定シリーズと無傷の8連勝でア・リーグの頂点にたどり着いた。「まだ信じられないような、最近のチームの戦いを見ていると何も不思議でないような 夢の中にいるような でもしっかり現実を見つめていて先を見据えている気がします」と躍進を続けるチームを分析。

 21日(日本時間22日)からはナ・リーグの覇者とワールドシリーズを戦うが「まだまだ終わりませんよ」と世界一を見据え、「自分のやるべきことを頑張るとパワーは2倍、3倍と増えますので、私もそれまでしっかりやるべきことをします~!」と夫を陰から支えていくことを誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年10月16日のニュース