「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」ベース藤井裕さん死去 62歳 

[ 2014年10月16日 13:55 ]

忌野清志郎さんプロデュースによるソロアルバム「フジーユー」制作時の模様。忌野さんと藤井裕さん(右)

 伝説の大阪発R&Bバンド「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」で知られたベーシストの藤井裕(ふじい・ゆう)さんが16日午前7時35分、食道がんのため東京都内の病院で亡くなった。62歳。広島県出身。通夜、葬儀・告別式は近親者のみで執り行う。

 スタッフのツイッターで「本日10月16日朝7時35分、藤井裕が天国へと旅立ちました。長年応援してくださったファンの皆様に感謝申し上げます。心よりご冥福をお祈りいたします」と伝えられた。

 藤井さんは今年5月中旬、体調不良のため入院。精密検査の結果、食道がんと診断された。「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」は6月、三重県松阪市で再始動公演を行う予定だったが、9月に延期になっていた。

 その9月15日の三重公演。藤井さんが強く希望し、都内の病院から会場に駆け付け、アンコールにサプライズ登場。3曲演奏したのがラストステージになった。

 「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」は73年結成。「この熱い魂を伝えたいんや」で注目を浴びた。藤井さんは96年「忌野清志郎 Little Screaming Revue」に参加。2007年には清志郎さんプロデュースによるソロアルバム「フジーユー」を発売した。

 訃報は「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」の公式フェイスブックでも報告。「ご家族に囲まれた最期でした。復帰を目指し、つらい治療や痛みに音を上げず、付き添いやお見舞いに来る周囲に心配かけないようにと最期まで芯の強く気遣いをする人でした。9月15日のM’AXAでの再始動公演より早1カ月、次のご案内がこのようなお知らせで大変残念ですが、皆様の心からの応援と温かいお見舞いのお気持ち、メッセージに心より感謝申し上げます。これからも藤井裕の残したサウンドを忘れずにいて頂ければ、本人も天国で喜ぶことと思います」と記された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2014年10月16日のニュース