CS巨人―阪神第1戦 関東地区8・4% 関西地区16・8%

[ 2014年10月16日 11:00 ]

<巨・神>7回のピンチを切り抜けた藤浪は雄叫びを上げる

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ「巨人―阪神」第1戦(15日、東京ドーム)の平均視聴率が16日、ビデオリサーチから発表された。

 関東地区は日本テレビ(後7・00~8・54)で放送され、8・4%。関西地区は読売テレビ(後7・00~8・54)で放送され、16・8%だった。

 試合は阪神が4―1で勝利。先発・藤浪が7回6安打1失点。20歳6カ月は、ポストシーズンのセ・リーグ最年少勝利となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年10月16日のニュース