大島優子 作品によっては脱ぎます「抵抗はない」

[ 2014年9月24日 18:20 ]

写真集をPRする大島優子

 女優の大島優子(25)が24日、東京・福家書店新宿サブナード店でAKB48卒業後初の写真集「脱ぎやがれ!」出版記念サイン会を開催した。

 イベント開催前の取材に応じ、役柄によっては脱ぐこともも「抵抗はない」ことを明かした。

 カメラマンの蜷川実花氏(41)が撮り下ろした「明るく元気なエロティック」をテーマにした写真集。手ブラカットなど、大胆なカットが多数あることでも話題となっている。

 お気に入りのカットは下着が透けているセクシーなショット。「全部衣着てないも大胆ではあるけど、洋服を着てるんだけど、透けてるっていうところがエロいじゃないですか」と無邪気に笑った。

 次回の写真集にも期待が膨らむところだが、「次は(肌を)出しません。でも、どうしましょうね。全部脱いでいくことが別に必要なことではないと思う」と脱ぐことが必須ではないことを強調。「今回はたまたま。卒業して一皮むけたというか、心も脱ぎましたという思いで撮った。その時の状況によりけりですね」と続けた。

 AKB48を卒業し、本格的に女優として歩み出した大島。役柄によってはヌードになることも要求されることがあるが、「それは全然構わないです。作品とかによりけりですけど、別に抵抗はないです」と女優魂を垣間見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月24日のニュース