布袋寅泰 氷室引退に理解、BOφWY再結成は「難しいかも」

[ 2014年9月12日 05:30 ]

10月1日に発売する新アルバムの試聴会を行った布袋寅泰

 ギタリストの布袋寅泰(52)が11日、新作アルバム「New Beginnings」(10月1日発売)の試聴会を都内で行った。スポニチ本紙などの取材にも応じ、ロックバンド「BOφWY」の盟友で、ステージ活動からの引退を表明した氷室京介(53)について言及した。

 氷室の表明翌日の7月14日、ブログで「せめて1曲でも 隣でギターを弾かせてほしい」とつづったが「無理やり隣で弾かせてくれとは言わないが、その思いは変わっていない」と強調。移住先のロンドンで引退宣言を伝え聞き「すごいびっくりした。耳の調子が悪いみたいで心配だ。ともに戦ってきた同志。氷室さんには氷室さんの考え方があるのだろう」と、両耳の聴力悪化を原因とする“幕引き”に理解を示した。

 氷室は来年、ラスト公演を予定。共演を熱望している布袋だが、自ら呼びかけるつもりはなく「自然の流れに任せたい」。一方で「できることであれば直接お話ししたい」とも語った。

 「BOφWYを再結成したいか」と聞くと、「僕はなんとも…」と言い、5秒ほど沈黙。「(BOφWYは)ファンのものでもあるが、(メンバー)4人のものでもある。あのころに戻れるかといえば、難しいかもしれない」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年9月12日のニュース