AKBに対抗心!?桂文枝 話もできるアイドル噺家目指す

[ 2014年9月7日 09:46 ]

彦八まつりの開会式で「蚊には気を付けて」と笑わせた桂文枝

 上方落語協会恒例のファン感謝イベント「第24回彦八まつり」が6日、大阪市天王寺区の生国魂神社で開幕した。

 開会式では桂米団治(55)が「三番叟(さんばんそう)」を舞って祝い、同協会会長の桂文枝(71)が浴衣姿であいさつ。「AKBが会いに行けるアイドルなら、我々は話もできるアイドルを目指します。約200人の噺家が境内をウロウロしてますから」とアピールし笑いを誘った。

 さらに「あ、くれぐれも蚊にだけは気を付けてください」と、全国的に広がりを見せる「デング熱感染」の時事ネタを盛り込みPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年9月7日のニュース