Berryz工房「解散」使わぬワケ「存在がなくなってしまう…」

[ 2014年8月2日 18:17 ]

ハロプロ夏の公演中に突然、無期限活動停止を発表したBerryz工房。後部スクリーンに映し出された嗣永桃子の目からは涙が…

 来年春から無期限の活動停止に入ることを2日に発表した女性7人組アイドルグループ「Berryz工房」の須藤茉麻(22)が同日、自身のブログを更新。「Berryz工房は私たちの青春のすべてでした」などと心境をつづった。

 「1年くらい前から自分たちの将来に関して、メンバー同士で話し合ってきました。全員が成人した今、お互いを尊重しつつ、自分たちの将来も含めて話し合って出した結論です」と今回の決断に至った経緯を説明。

 「Berryz工房は私たちの青春のすべてでした。とても大切な存在で“解散”って言ってしまうと、Berryz工房そのものがなくなってしまう感じがして、Berryz工房自体は私たちにとってもファンの皆様にとってもかけがえのない存在だと思っていただきたくて解散ではなく『無期限の活動停止』という言葉を選びました」

 2004年1月に結成。「この10年間、ライブやイベントなどを通じて、ファンの皆様からのたくさんの声援が心の支えとなっていました。ここまでやってこれたのは皆様のおかげです。本当にありがとうございます」と感謝。「来年の春まで突っ走ていきますので今後も引き続き、Berryz工房の応援よろしくお願い致します!」と呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2014年8月2日のニュース