韓国グループのPVに原爆投下伝える新聞「気付かなかった」修正へ

[ 2014年8月2日 12:05 ]

 韓国の新人女性アイドルグループ「Red Velvet」のデビュー曲のプロモーションビデオ(PV)に広島への原爆投下などを伝える英字新聞の画像が使用されていることが分かり、インターネット上などで批判の声が出ている。所属事務所は2日、取材に対し「気付かなかった」と釈明、早期に修正する意向を示した。

 曲は「幸せ(Happiness)」とのタイトルで、1日に動画サイト「ユーチューブ」などで公開された。メンバーが歌う場面で、広島への原爆投下や日本の敗戦を伝える新聞の画像が背景として使われている。2001年の米中枢同時テロをほうふつとさせる演出もあった。

 グループの所属事務所「SMエンタテインメント」は「(PVの)監督に確認したところ、単純にコラージュ用の画像素材を使用したもので、他意はなかったと話している」と釈明。「誤解の余地があり、できるだけ早く修正する」としている。

 SMエンタテインメントは韓国の最大手芸能事務所で、Red Velvetは今月デビューの4人組グループ。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年8月2日のニュース