太田プロ、AKB総選挙初の首位陥落…まゆゆ1位で尾木プロ初栄冠

[ 2014年6月8日 00:26 ]

1位・渡辺麻友

AKB48第6回選抜総選挙 

(6月7日 味の素スタジアム)
 過去5回、太田プロダクション所属のメンバーが1位を獲り続けてきたAKB48選抜総選挙で、初めて他事務所が1位の座についた。

 第1回、3回を制した前田敦子(22)と第2回、4回で1位に輝いた大島優子(25)、昨年の第5回で女王になった指原莉乃(21)はいずれも太田プロダクションのタレントだが、指原の連覇を阻止した渡辺麻友(20)はプロダクション尾木所属。選抜メンバーでは8位・小嶋陽菜(26)、9位・高橋みなみ(23)も尾木プロ。太田プロは2位・指原と13位・横山由依(21)の2人のみで、過去最少となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2014年6月8日のニュース