襲撃同じレーンの倉持明日香「AKBの歴史を壊されてたまるか」

[ 2014年5月29日 10:53 ]

AKB48の倉持明日香

 25日に発生したAKB48握手会襲撃事件で、負傷した川栄李奈(19)入山杏奈(18)と同じ第6レーンにいたチームBキャプテン・倉持明日香(24)が28日夜、自身のブログを更新。「今までたくさんの先輩方が一つ一つ積み上げてきたAKBの歴史を壊されてたまるか」「私たちは負けない」などと強い決意をつづった。

 「今でも目を閉じるとフラッシュバックされ、たくさんの人前に立つのが怖くなるときがあります」と率直に告白。それでも「これを乗り越えていかなきゃ先には進めないって、口ではいくらでも言えるけど、実際、いろいろな問題があります。でも負けない」と事件に立ち向かう覚悟を示した。

 「憶測でいろんなことを言う人、心ない言葉を吐く人がいますが、そんな人間に私たち48グループ何百人の夢を閉ざされたくない。だから私たちは負けない」と繰り返し「正直、警備のことなど今さら言っても意味がない。時間は止まらないし、戻せない。これからを考えなけば、一歩も踏み出すことができません。ファンの皆さん、私たちに力を貸してください。支えてください」と前を向き、呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年5月29日のニュース