キムタク「HERO」復活!“秘密”持つ新ヒロインに北川景子

[ 2014年4月26日 05:33 ]

ドラマ「HERO」で新ヒロインを演じる北川景子

 SMAPの木村拓哉(41)の大ヒット主演ドラマ「HERO」が復活する。フジテレビの月曜午後9時台で7月スタート。型破りな検事の活躍を描き、01年1月の初回から同3月までの計11話が全て視聴率30%超え。平均視聴率34・3%(関東地区、ビデオリサーチ)は今も同局連ドラの歴代1位。新ヒロインを女優の北川景子(27)が演じる。

 今回も検察庁の城西支部を舞台に、木村演じる型破りな検事・久利生(くりゅう)公平が事件に挑む。前作は放送後、大学生の就職先として検察官を補佐する「検察事務官」の人気が高まるなど社会現象に。07年の映画版は興行収入81億円を記録し、同年の邦画実写1位に輝いた。

 今月20日にクランクインしており、木村は「お久しぶりです。2014年再び城西支部に帰ってきました。よろしくお願いいたします」と役に成り切ってコメント。

 一方、北川は、主人公に振り回されながら次第に成長していく事務官役。前作が放送された01年時は受験勉強中で「テレビを見られなかった時期だったのに、HEROの断片的な記憶があるということは、それだけ世の中に認知されていた作品なんだとあらためて思いました」。美しい外見とは裏腹に言葉遣いの端々に粗野な部分があり、過去に“秘密”があることをうかがわせる役で「作品の中で息づくことができたら」と話している。

 ほかに杉本哲太(48)濱田岳(25)らが新たに参加。角野卓造(65)小日向文世(60)らが前作に引き続き出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年4月26日のニュース