テリー伊藤 佐村河内氏を「正直、残念なオヤジ」とバッサリ

[ 2014年3月9日 10:28 ]

テリー伊藤

 テレビプロデューサーでタレントのテリー伊藤(64)が9日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。作曲家偽装問題の渦中にあり、「両耳の聞こえない作曲家」として知られた佐村河内守氏(50)が7日に都内で開いた記者会見について言及した。会見に出席していたテリー伊藤は「正直、残念なオヤジ」と会見自体に落胆し、佐村河内氏についても「新垣氏とのやりとりに人間性が出ている」とし「テレビにたまにしか出てこない逸材だ」と語った。

 そして、テリーが最も許せないのが、震災で母親を亡くした少女との関わり方。ハナからだましているのに“結果的に”だました」と佐村河内氏が話したことにテリーは「彼女の名前まで出して、自分を守ろうとしている」と斬り捨てた。

 さらに会見では質問者として何度も「ハイ!ハイ!」と挙手したにもかかわらず「全く無視されました」と振り返ると、出演者は「聞こえなかったのでは…」などと反応も。

 また、俳優の坂上忍(46)も「テレビで拝見させていただきました」とし「謝るしかなかったのに批判に入ってしまった」と感想。「マスコミ、視聴者を舐めすぎだ」と続け「自己主張のための会見、残念というか、予想通りだった」とも話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年3月9日のニュース