AKB 30歳以上で新メンバー募集 アマ、既婚でもOK

[ 2014年3月5日 05:30 ]

「大人AKB48」募集のCMに出演するAKB48の西野未姫、渡辺麻友、島崎遥香、岡田奈々

 AKB48が史上初めて30歳以上の新メンバーを募集することが4日、都内で開かれた江崎グリコのアイス「パピコ」のキャンペーン会見で発表された。

 募集人数は1人で、応募資格は30歳以上の女性ならばプロ、アマ、未婚、既婚問わず。かつてアイドルを夢見ていた主婦ら一般層はもちろん、三十路(みそじ)を過ぎた卒業生、AKBのものまねで知られるキンタロー。(32)ら女性芸能人も応募が可能になる。

 この日から特設サイトなどで受け付け開始。オーディションの合格者は「パピコ」のテレビCMにセンターとしてデビューすることが確約されている。その後は、最年長で新人の“熟ドル”として正規メンバーと一緒に、秋葉原での劇場公演やコンサート、握手会に出演予定。活動は期間限定で、キャンペーンが始まる来月12日から8月31日まで。満期を迎えた段階で「卒業」という形で契約が終了する。

 主催者は「商品に子供っぽいイメージがあったので、大人の方にも楽しんでもらえることを考え、AKBさんに相談しました」と説明。AKB側にとっても、新メンバーと同年代の女性や主婦層などへファンの裾野が広がることが期待される。

 この日会見に出席した渡辺麻友(19)は「幅広い世代にAKBを知ってほしい。一番大事なのは熱意」と受験者へエール。新メンバーとして迎えたい職種に「学校の先生」を挙げ、「AKBは団体行動なので、団体行動のプロに入っていただいて指導してほしい」と話した。若手の岡田奈々(16)は、前日にこの話を母親(45)に伝えたところ「ママ、やろうかな」と乗り気だったといい、「万が一お母さんが受かったら、初の“母子AKB”として劇場公演に出たい」と胸をときめかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年3月5日のニュース