堺雅人 あの頃を語る「主食がドーナツ 体はほどんどドーナツでできていた」

[ 2014年3月5日 05:30 ]

「キリン のどごし<生>」新CM発表会に出席した堺雅人

 俳優の堺雅人(40)が4日、キリンビールの新ジャンル「キリン のどごし<生>」の新CMキャラクターとして起用され、4日に都内で行われた新CM発表会に出席した。

 05年の発売以来、新ジャンル市場で圧倒的な販売量を誇る同商品は今回7度目のリニューアル。深みのある味、香り、黄金の液色を引き出す特許技術「ブラウニング製法」をさらに進化させ、過去最高ののどごしを実現した。

 堺は5日から全国放送される新CMシリーズ「キリン のどごし<生>旨杉夫(うますぎお)物語」の第一弾「本日も、うますぎる。新登場」編に出演。朗らかな雰囲気がぴったりとして「旨杉夫」役に起用され、笑っているうちに何でもうまくいってしまう男をコミカルに演じている。この日はスーツ姿で登場すると「撮影ではずっと笑っていた。一日中笑っていたので笑い疲れた。お仕事って大変だなと思った」と話して会場の笑いを誘った。

 今回の役柄にちなみ、自身の「うますぎる仕事」のエピソードを求められると「地方ロケ」と回答。「普段は出不精だから、ロケが終わっても長逗留(とうりゅう)しておいしいものをいただいている」と明かした。さらに「うますぎるアルバイト」について聞かれると、劇団員だった学生時代にドーナツ店でアルバイトした話を披露し「当時は売れ残ったドーナツをいただいていた。主食がドーナツで、体はほどんどドーナツでできていた」と話した。

 報道陣の前でおいしそうに新商品を飲み干し「とてものどごしがすっきりしていて、後味もさわやか。皆お仕事大変だと思うが、明るく楽しい展開が待っていると思って、笑いながら頑張りましょう」と呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年3月5日のニュース