デヴィ夫人に165万円の支払い命令 写真を無断掲載

[ 2014年2月17日 15:50 ]

 大津市の中2男子自殺に絡み、タレントのデヴィ夫人のブログに写真を無断掲載され、いじめの加害少年の母親と誤解されたとして、兵庫県宝塚市の50代の女性スタイリストが1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁は17日、慰謝料など165万円の支払いを命じた。ブログへの謝罪文掲載は認めなかった。

 工藤涼二裁判長は判決理由で「名誉を毀損し社会的評価を下げた」と認定。デヴィ夫人を「著名な芸能人で、一定の信用や影響力がある」と指摘し、何の裏付けもなく写真を無断掲載して発信したこと自体、非常に安易で軽率だ、と非難した。

 判決によると、デヴィ夫人は2012年7月、加害少年とされる数人の少年の写真とともに、女性の写真もブログに掲載。女性が加害少年の母親かのように読める文章を載せた。

 デヴィ夫人側は、写真の女性を少年の母親と明示しておらず「女性ではなく、母親を非難する意図だった」と主張していた。

 女性の代理人は「違法性を認めたことは評価する」としたが、賠償額については「著名人のネットでの影響力を裁判所は十分に理解していない」と批判した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年2月17日のニュース