ディカプリオ「毎日テンション上げる必要があった」主演作

[ 2013年12月19日 05:30 ]

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のNYプレミアに出席したレオナルド・ディカプリオとマーゴット・ロビー

 休養宣言した米俳優レオナルド・ディカプリオ(39)が18日(現地時間17日)、米ニューヨークで行われた主演映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(来年1月31日公開)のプレミアに出席した。企画から6年で、プロデュースも手掛けた。「アドレナリン全開で、毎日テンションを上げる必要があった作品。休みが必要だった」と説明。「次の作品は未定で、それまでは休む」と話し「でも、もしかしたらあすにも見つかるかも」と付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年12月19日のニュース