インリン 男女の双子を帝王切開で出産!「涙が止まりませんでした」

[ 2013年12月10日 11:00 ]

臨月のお腹の写真を披露したインリン・オブ・ジョイトイ(2010年10月撮影)

 台湾出身のタレント、インリン・オブ・ジョイトイ(37)が10日、自身のブログを更新し、9日に男女の双子を出産したことを発表した。

 「ご報告です」とエントリーしたインリンは、「少し遅れましたが……、皆様にご報告です」とし、「12月9日10時37分に2660グラムの女の子、10時38分に3060グラムの男の子の双子を帝王切開で無事出産することができました」と報告した。

 さらに「ベビ待ちの時からずっと会いたかった赤ちゃん…、そして、昨日まで10ヶ月間私の狭いお腹の中で一生懸命成長してやっと産まれたきたこの二つの大切な命に会えたこと…、誕生した瞬間これまでの色々な思いがこみ上げ、涙が止まりませんでした。双子ちゃんが私とパパを親として選んでくれたこと…、息子ちゃんをお兄ちゃんとして選んでくれたことにただただ感謝な気持ちでいっぱいです。本当にありがとう」と待望の双子ちゃん誕生に対する喜びをつづった。

 インリンは2008年9月にプロレス団体「ハッスル」の元社員の男性と結婚し、2010年7月に第1子となる男児を出産。現在は台湾で主婦業と子育てを優先する生活を送っている。今回の双子出産で一気に3人の母となり、「同時に…昨日から一気に3人の子供の母になり、親としての責任も突然3倍になりましたが…常に笑い声が聞こえる賑やかな5人家族でいられるよう、今後…より一層夫婦で協力しあい子育てに励んでいきたいです。どうぞ皆様温かく見守っていただけたら幸いです」と決意を語ったインリンはぐっすり眠る双子の写真もアップ。幸せな様子が伝わってくるブログとなっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年12月10日のニュース