“エンタ芸人”がやっくん惜しむ 5日には特番放送していた

[ 2013年10月6日 08:00 ]

事故で死亡した桜塚さん

 5日に交通事故で亡くなった「桜塚やっくん」(本名=斎藤恭央さん)に、日本テレビのネタ見せ番組「エンタの神様」で共演した“エンタ芸人”からコメントが寄せられた。

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(39)はブログで「お互い『エンタの神様』で世に出して貰った芸人仲間。桜塚やっくんの人気、ホントに凄かった。。」と“戦友”を振り返り、営業に行った際には「俺ら、やっくんの前座みたいな感覚だった。熱狂的なファンも沢山いた」と懐かしんだ。

 やっくんと同じピン芸人として活躍していた芋洗坂係長(45)は同番組に初出演した際、声をかけてくれたのがやっくんで、「すぐに仲良くなり家が近い事もあって、それからいつも一緒に飲んだり、仕事の悩みを相談しあったり…かけがえのない仲間でした」と明かした。

 さらに「最近のやっくんの活動を知らなかった方もいらっしゃると思いますが、バンドで活躍の場を海外に移し、アジアやヨーロッパに出て評価され始めていた所でした。日本中の人にその活躍が知れ渡る前に亡くなってしまった事が本当に、本当に悔やまれます…」と、やっくんがバンド「美女men Z」の活動の半ばでこの世を去ったことを惜しんだ。

 「エンタの神様」は10年3月にレギュラー放送を終了しているものの、5日はちょうど特番の「エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP」を放送していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年10月6日のニュース