命名「ジョージ」で山本譲二に仕事殺到「気分がいいものですね!」

[ 2013年7月26日 09:00 ]

山本譲二

 英王室のウィリアム王子(31)とキャサリン妃(31)は24日(日本時間25日)、第1子の男児の名前を「ジョージ」と決めた。一方、日本の“ジョージ”たちも誕生を祝福。歌手の山本譲二(63)には、仕事が舞い込むなど“波及効果”があったようだ。

 本名も同じ演歌歌手の山本には取材依頼が殺到。仕事で対応しきれなかったため、合間を縫ってブログに「朝から僕にいろいろなメディアからコメントを求められておりますが…。気分がいいものですね!」とつづった。「とても光栄なことです。王子の健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます」。山本らしい冗談を交えたコメントを期待したが、厳粛に祝福の声を寄せた。

 ロック歌手の高橋ジョージ(54)も喜んでいる。所属事務所は「朝から、とても喜んでいます」と話した。ツイッターでは「芸能界って怖いからなぁ、ジョージつながり需要なんて少しはあったら、恥ずかしいよな…」とつぶやいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年7月26日のニュース