映画「風立ちぬ」公開、「ポニョ」上回る 宮崎監督「ほっとした」

[ 2013年7月20日 18:44 ]

 宮崎駿監督の5年ぶりの新作映画「風立ちぬ」が20日、全国公開され、配給元の東宝が初日の動員概況を発表した。同日午後1時の時点で、前作「崖の上のポニョ」(興行収入155億円)の公開時と比較して興収で27%増となり、好スタートを切った。

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「宮さん(宮崎監督)から『新しい試みだったので、お客さんが来てくれてほっとした』と連絡があった。安心したようで、よかった」とコメントした。

 「風立ちぬ」は、関東大震災から太平洋戦争に突き進む激動期の日本が舞台。主人公は零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者堀越二郎をモデルにした青年で、美しい飛行機をつくる夢を追った半生を描く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月20日のニュース