ミュージカル「テニスの王子様」11年目で1000回達成

[ 2013年7月20日 11:04 ]

通算1000回を達成したミュージカル「テニスの王子様」

 人気漫画が原作のミュージカル「テニスの王子様」の公演回数が19日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われた「全国大会 青学vs氷帝」で通算1000回を達成した。

 2003年春の上演スタートから口コミなどで人気が拡大し、若い女性を中心に累計150万人以上の観客を動員した「テニミュ」。若手俳優の登竜門として知られ、城田優(27)、加藤和樹(28)、斎藤工(31)、宮野真守(30)、瀬戸康史(25)らの人気俳優を輩出している。

 この日は終演後、キャストの小越勇輝(19)、多和田秀弥(19)、青木玄徳(25)、土井一海(24)が1000回記念の舞台あいさつ。座長の小越は「1000回達成という素晴らしい日に舞台に立てるのがすごく光栄。これからもキャスト・スタッフ・応援してくださる皆さん全員で素敵な舞台を作っていきたい」とさらなる意気込みを示し、観客の拍手を浴びた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年7月20日のニュース