夏菜主演の朝ドラ「純と愛」 “梅ちゃん”超えの19・8%スタート

[ 2012年10月2日 10:10 ]

NHK連続テレビ小説「純と愛」で主演を務める夏菜

 1日にスタートした夏菜(23)主演のNHK総合の連続テレビ小説「純と愛」の初回視聴率が19・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で前作「梅ちゃん先生」を上回る好スタートを切ったことが2日、分かった。

 最高24・9%、平均視聴率20・7%の好成績を収めた「梅ちゃん先生」の初回視聴率は18・5%だった。初回で19%を超えたのは06年の「芋たこなんきん」(20・3%)以来で6年ぶりとなる。

 朝ドラ第87作目となる本作は、大阪と沖縄・宮古島を舞台に、宮古島育ちの純(夏菜)が愛(風間俊介・29)と出会い、大阪のホテル業界で奮闘しながらも、家族や地域などと絆を深めていく物語。脚本は、11年に最高視聴率40・0%を叩き出した大ヒットドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)を手掛けた遊川和彦氏のオリジナル。共演は純の両親を演じる武田鉄矢(63)と森下愛子(54)、兄を演じる速水もこみち(28)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年10月2日のニュース