AKB“あっちゃん卒業アルバム”初回出荷150万枚

[ 2012年8月14日 06:00 ]

初回出荷枚数が150万枚を超えたAKB48のアルバム「1830m」のジャケット

 15日に発売されるAKB48の新作アルバム「1830m」の初回出荷枚数は150万枚となった。発売元のキングレコードが13日に発表した。

 シングルは8作でミリオンセラーを記録しているが、アルバムでは未達成。アルバムの初回出荷は、10年発売の「神曲たち」が35万枚、昨年6月発売の前作「ここにいたこと」は110万枚。本作が自己最多の初回出荷枚数となる。レコード会社の担当者は「24日からの東京ドーム公演や、エース前田敦子の卒業を前にして、アルバムへの期待も高まっており、店頭での予約注文が順調に増えているため」としている。前田敦子(21)が参加する最後のCDのため、“卒業アルバム”として購入するファンも多そうだという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年8月14日のニュース