キムタク 2年ぶり月9は無一文の“極貧男”

[ 2012年8月14日 06:00 ]

 SMAPの木村拓哉(39)が10月スタートのフジテレビ月9ドラマで、極貧に転落する役を主演する。「PRICELESS(仮)」(月曜後9・00)で、身に覚えのない罪で会社を追われ無一文となった主人公が、さまざまな人と出会っていく物語。木村の月9出演は「月の恋人~Moon Lovers~」以来で約2年ぶり。これまで演じてきた総理大臣や検事、レーシングドライバーなど華やかな役から一変した設定となる。

 近くクランクインする予定。史上最多38個のメダルを獲得したロンドン五輪の日本選手からも刺激を受けたようで「五輪では日本の皆さんのチームワークから本当に“PRICELESS”な感動をいただきました。僕もこの作品の共演者、スタッフとともにいいチームを組んで自分たちなりの作品を作り届けたい」と意気込んでいる。

 脚本は、同局のドラマ「任侠ヘルパー」などを手掛けた古家和尚さんのオリジナル。大手企業の中間管理職だった主人公が、仕事も家も失い、食べることもままならず炊き出しに並ぶところまで生活が変わる。途方に暮れながらも、さまざまな出会いと自身の前向きな性格で少しずつ前へ進んでいく姿をコメディータッチで描く。

 共演は中井貴一(50)、香里奈(28)。頼りない上司役を演じる中井は「急展開のドラマの行く末をしっかり見届けてください」とPR。ヒロインの経理部社員役の香里奈は木村とも中井とも初共演で「緊張していますが、同時にどんな撮影現場になるのかワクワクしています」と張り切っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年8月14日のニュース