森山未来「満島ひかりにどう殺してもらえるか、楽しみ」

[ 2012年8月14日 14:06 ]

ミュージカル「100万回生きたねこ」製作発表に登場した森山未来

 来年1月に上演されるミュージカル「100万回生きたねこ」の製作発表が14日に都内で行われ、主演の森山未来(27)、満島ひかり(26)が登壇した。

 主人公の100万回生きた猫を演じる森山と、その妻の白猫を演じる満島は今回で4回目の共演。これまでは舞台「ネジと紙幣」(09年)、ドラマ「モテキ」(10年)、映画「北のカナリアたち」(11月3日公開、阪本順治監督)で兄弟、友人、同級生とさまざまな役どころを演じており、今回は初めての夫婦となる。

 森山は「すべてのジャンルを一緒にやった人は初めて。僕はすごく信頼している。最後はどういうふうに満島に殺してもらえるかっていうのがすごく楽しみ」と期待を寄せた。

 佐野洋子さんの人気絵本を原作にした輪廻転生を繰り返して100万回生きた猫と、彼が唯一愛した白い猫の愛の物語。今回は1996年に沢田研二(64)、山瀬まみ(42)らの出演で上演されたミュージカルのリメイク。

 東京・西池袋の東京芸術劇場プレイハウス(13年1月8日から27日まで)などで上演される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年8月14日のニュース