「アベンジャーズ」で10年ぶりに“名物”復活!

[ 2012年8月14日 09:00 ]

TOHOシネマズ梅田で、10年ぶりに手描きの映画看板が復活

 14日公開の米映画「アベンジャーズ」(監督ジョス・ウェドン)の手描き大看板が13日、大阪・TOHOシネマズ梅田に掲げられた。

 同所が北野劇場だった時代には名物だった手書き映画看板が02年以来、10年ぶりに復活。縦4メートル、横10メートルの大作を映画絵アーティスト・八条祥治さん(55)が約2週間かけて制作し、「おかげで五輪中継は見られなかった」と苦笑いした。13日現在、全世界興行収入が14億ドルを突破。配給のディズニー映画では、看板効果で日本での大ヒットも狙っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年8月14日のニュース