石井ふく子氏 淡島さんに泣きながら死に化粧

[ 2012年2月17日 06:00 ]

死去した淡島千景さん(右)と交流のあった石井ふく子プロデューサー

淡島千景さん死去

 「渡る世間は鬼ばかり」で知られる石井ふく子プロデューサーは16日、都内の病院で、淡島さんに泣きながら死に化粧を施したことを明かした。

 淡島さんが宝塚で活躍していたころから約60年の付き合い。TBS日曜劇場をはじめとするドラマや舞台で何度も一緒に仕事をした。16日朝、容体悪化の知らせを受けて駆け付けたが間に合わなかった。「(淡島さんに)口紅を塗りました。でも(涙で)顔がよく見られなかった」と声を震わせた。

 昨夏放送の「渡る…」が最後の仕事。「撮影現場で痩せた印象だったので、いっぱい食べなきゃだめよって声を掛けましたが、体調のことは言っていなかった。弱音を吐かない人だった」。1月末か今月上旬に病室を見舞った際に交わしたのが最後の言葉。「ベッドの上で体を起こして、また舞台で一緒に仕事をしましょうと言っていたのに…」と惜しんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年2月17日のニュース