品田雄吉氏 森田監督の死を悼む「独特の“森田印”のセンスがあった」

[ 2011年12月21日 11:27 ]

森田芳光監督死去

 ▼映画評論家の品田雄吉氏の話 これから働き盛りの世代なのに残念だ。コメディーを撮らせたら、他の人にはつくれない、独特の「森田印」のセンスがあった。それが最高にうまくいった「家族ゲーム」が、代表作と言えるだろう。日本社会のひずみをユニークな角度からとらえていた。近作の「武士の家計簿」も森田印の新しい形の時代劇。失敗作もあったが、めげないでどんどん作るのもよいところだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2011年12月21日のニュース