渡辺謙 妻・南果歩と別居中の夫婦役「不思議な経験」

[ 2011年12月10日 06:00 ]

テレビ朝日系スペシャルドラマ「愛・命~新宿歌舞伎町駆け込み寺~」制作発表に登場した永作博美(左)と渡辺謙

 俳優渡辺謙(52)が9日、都内で、主演ドラマ「愛・命~新宿歌舞伎町駆け込み寺~」(テレビ朝日17日後9・00)の制作発表に共演の永作博美(41)とともに出席した。

 東京・歌舞伎町で、悩める人々を救済する“駆け込み寺”として新宿救護センターを設立した玄秀盛さんをモデルにした物語。妻の南果歩(47)演じる女性と別居中の夫婦という役どころで「同じ家にいて、同じ台本を持って、(役について)別々に考えるって、何か不思議な経験でしたね」と苦笑。「永作さんと南さんの役、どちらが魅力的か」と聞かれると「ノーコメント」と答え笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年12月10日のニュース