「A・B・C―Z」DVDでデビュー CDは出さない

[ 2011年12月10日 06:00 ]

 ジャニーズの5人組「A・B・C―Z」がDVDデビューする。9日、都内で、初の単独座長公演となるショー「ABC座 星(スター)劇場」(来年2月4~29日、東京・日生劇場)の会見で発表した。

 アクロバットを得意とするメンバーが「僕らは音とパフォーマンスを見せたい」と、ジャニー喜多川社長に直談判し承諾を得た。CDは出さず、DVDのみで歌手活動を行うという。DVDは同公演に先駆けて発売。曲や演出などはメンバーが手掛ける。

 河合郁人(24)は「ジャニーズで初めての形。僕たち発信でCDの時代からDVDの時代にしていきたい」と抱負。ジャニーズのグループはCDリリースをしてJrから卒業するのが通例だったが、ジャニー社長は「A・B・C―ZはDVD発売をもって卒業」と断言。「DVDの方が彼らの特長が生かせる」とメンバーを後押しする一方で「CDはいくら売れたかということばっかり言われる。僕も年とともにくたびれた」とも話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2011年12月10日のニュース