小沢さん再び指揮取りやめ ベッドから起き上がれず

[ 2011年8月25日 19:19 ]

 長野県松本市で開催している音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」で、小沢征爾さん(75)が25日、体調不良のため、指揮をする予定だった同日夜のオペラ公演への出演を取りやめた。23日に続いての取りやめ。

 事務局によると、医師は回復したと診断したが、ベッドから起き上がることができずに断念したという。

 小沢さんは23日、急激な気温の変化や疲労により、軽い肺炎と脱水症状を起こしたとして出演をキャンセル。回復すれば、25日には出演するはずだった。

 小沢さんは1月に腰のヘルニア除去の手術を受け、今月21日に休養後初めて、本格的な演目を指揮したばかりだった。

 9月には同音楽祭としては初めての中国公演を予定している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2011年8月25日のニュース