坂本冬美ら6人 津波被害の旭市で慰問公演

[ 2011年8月25日 06:00 ]

「演歌キャラバン隊」として、慰問公演を行った女性演歌歌手。(左から)松川未樹、森山愛子、谷本知美、藤あや子、原田悠里、坂本冬美

 坂本冬美(44)、原田悠里(56)、藤あや子(50)ら女性演歌歌手6人が24日、震災で津波被害を受けた千葉県旭市で慰問公演を開催した。

 社団法人日本音楽事業者協会の被災地支援活動「演歌キャラバン隊」の第6弾。それぞれが持ち歌を披露し、最後は高齢者を中心とした観客830人と唱歌「故郷」を合唱。客席に降りての写真撮影にも気軽に応じた。

 また、島田紳助さんの暴力団関係者との交際について、坂本は「私たちは人との出会いの中で生きてるので、とても難しいところですよね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年8月25日のニュース