“なにわの歌姫”叶麗子 新曲テーマは「修羅の愛」

[ 2011年7月23日 06:00 ]

新曲「さだめ…」を熱唱した“なにわの歌姫”叶麗子

 “なにわの歌姫”叶麗子(年齢非公表)が、このほどスポニチプラザ大阪で公開インタビューを盛り込んだミニコンサートを開き、新曲「さだめ…」を披露した。

 「演歌はいろいろありますが、新曲は援歌でも縁歌でもなく艶歌。テーマは修羅の愛」というだけに、ステージ衣装も色っぽく大胆にイメージチェンジ。着物ドレスの振り袖には男女の仲のいい絵まで描かれている。

 「歌詞が凄いんです。闇夜も月夜も離さないでね…は、毎日離さないでという意味。裏切られても悔いはない、死ぬほど好きよという歌」

 いま衣装で目指しているのは米歌手レディー・ガガ(25)といい、「もっと過激に」と宣言。その一方で新曲のカップリングは母がテーマの「あなたが星になった日」。この日のステージでは「東日本大震災で亡くなられた方を思いながら」熱唱した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月23日のニュース