なでしこ安藤梢 清史郎クンにバトン「日本を元気にして欲しい」

[ 2011年7月23日 13:30 ]

映画「忍たま乱太郎」初日舞台あいさつに登場、加藤清史郎(左)に花束を渡した安藤梢

 映画「忍たま乱太郎」初日舞台あいさつが23日、都内で行われ、主演の加藤清史郎(9)ら主要キャストが登場。さらにサッカー女子W杯ドイツ大会で初優勝を果たしたなでしこジャパンのFW安藤梢(29)が応援に駆けつけた。

 安藤は「大きな相手にも最後まであきらめない気持ちで立ち向かって、世界一になることができたと思います」となでしこジャパンの快進撃の理由を説明。その上で「忍たま乱太郎の最後まであきらめない気持ちに感動しました。今度は忍たま乱太郎で、日本を元気にして欲しいなと思います」と役割を託し、加藤も「僕もこの映画で金メダルを取りたいなと思います」と応えた。

 撮影は1年前に京都で行われ、加藤は「映画からは感じないかもしれないですけど、忍たまの撮影のときから僕は5センチ身長が伸びています」と成長をアピール。それを聞いた三池崇史監督は「確かに身長は伸びていますけど、中身はあまり変わらない。でもいいことだと思いますよ」と加藤を始め、純粋なまま育っている子役を褒め称えた。

 映画「忍たま乱太郎」は同タイトルの人気アニメを初めて実写化した作品。加藤ら子役忍者に加え、松方弘樹(69)、寺島進(47)、中村玉緒(72)、中村獅童(38)ら豪華キャストが脇を固める。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年7月23日のニュース