×

日本ハムが今季4度目のサヨナラ負け 延長10回、ロドリゲスがあっさり進塁許し…クイック課題

[ 2022年7月6日 06:00 ]

パ・リーグ   日本ハム1―2ロッテ ( 2022年7月5日    ZOZOマリン )

<ロ・日>10回1死三塁から荻野がサヨナラ打。引き上げるロドリゲス(撮影・長久保 豊) 
Photo By スポニチ

 日本ハムが今季4度目のサヨナラ負けを喫し、借金は今季ワーストタイの19となった。

 新庄監督が指摘したのが、延長10回無死一塁から初球に代走・和田に二盗を決められた場面。クイックモーションは投球動作から捕手が捕球するまで一般的に1・2秒台で合格点とされるが、ロドリゲスはけん制球を挟まず1・33秒で投げた。あっさり進塁を許して荻野に決勝打を浴び、指揮官は「クイックで投げてもらわないと厳しい」と注文していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月6日のニュース