×

阪神2軍、試合出場可能な野手が10人に「爽やかイレブンから20の瞳?」 平田監督試合後の一問一答

[ 2022年4月12日 14:50 ]

ウエスタン・リーグ   阪神4―5中日 ( 2022年4月12日    鳴尾浜 )

阪神・平田勝男2軍監督
Photo By スポニチ

 阪神は12日、ウエスタンリーグ中日戦に4―5で敗れた。

 以下は、試合後の阪神・平田監督の一問一答。

 ――ウィルカーソンが調整登板。
 「1イニングで、なあ。最近落ち着いてきたね。彼はもともとコントロールもいいし、1イニングだけってところで2三振とサードゴロか。まったく問題ない」

 ――才木は5イニング投げた。
 「才木もしょっぱなはな、いつものように飛ばして149とか出して、2イニング目からいろいろ球種交えながらやってて。順調じゃない? 70球くらいいったか?83までいった? 5イニング予定で83。まあ、クリアじゃない? これで。もう1回やるのかな。故障者じゃないでしょ、ね」

 ――良かった頃に戻るには?
 「まあスタミナ。肩も肘も含めて、コンスタントに。1イニング目でびゃーっと飛ばしたのをもっともっと伸ばしていけるかよ。スピードがって落ちたもんね。これはもうええねん。2イニング目からはいろいろ交えながらピッチングしとったけども。すぐっちゅうわけにはいかん。徐々に上げながら、本来の才木のスピード、キレ、そういうところの精度を上げていくってところなんで」

――井上はこの前4三振からの2安打。
 「おー、だからお前らがすぐさあ、3年目で西純、井上このへんを…佐々木朗希見て見いや! ああいうのを見るとやっぱり西純、井上。今日は発奮して朝早くから打ったりしとるわ。そんなん苦しまなきゃ! 三振して君らみたいに部屋でぐーぐー寝てるようじゃ、あれなんだ、いい記事なんか書けないよ! まあまあこんなん打って当たり前よ」

 ――植田海は途中交代。
 「1軍に行った。だから(試合に出られる野手は)10人だよ。爽やかイレブンから10人は何て言うの。20の瞳? 爽やかイレブンだったのがそのうちキャッチャーが4人5人や。だから藤田がファースト、サード片山で。でも彼ら1軍でも第3のキャッチャーで行った時内野も守れるっていうところであればね、彼らにとってはいい経験。打席も立てるし。経験させながら、初めての経験」

 ――原口が全体練習に合流。
「うーん、明日はまだ出ないんじゃないかな。困るこれ、10人ってのは」

 ――マルテの状態は。
 「今日バッティングしたって、見てないでしょ外で。まだだよ」 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月12日のニュース