×

DeNA宮国は「陰性」判定 陽性判定の西武・内海兼任コーチらと奄美大島で自主トレ

[ 2022年1月19日 09:13 ]

DeNA・宮国
Photo By スポニチ

 DeNA・宮国椋丞投手(29)が、新型コロナウイルス「陰性」判定を受けていることが18日までに、分かった。

 同投手は西武の投手コーチ兼任、内海哲也投手(39)らとともに鹿児島・奄美大島で自主トレを行っている。内海は17日にPCR検査を受け、同ウイルスの陽性判定を受けた。宮国は、抗原検査を受け「陰性」。濃厚接触者にも認定されていない。

 右腕は例年、内海の奄美自主トレに同行している。20年オフに巨人から戦力外通告を受け、昨年DeNAに育成契約で入団。その後支配下登録され、9月7日の巨人戦で移籍後初勝利をマークした。だが勝ち星はその1勝止まりとなり、今季勝負の年を迎えている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月19日のニュース