新庄監督「ジャージでオーラを出すのが好き」 過去のフェイクニュースも明かす「エラは削ってない」

[ 2022年1月18日 21:45 ]

日本ハム・新庄監督
Photo By スポニチ

 日本ハムの新庄剛志監督(49)が18日、テレビ朝日系「フェイクニュースにご用心」(午後8・00~9・54)にゲスト出演。過去に自身の整形に関するフェイクニュースを目にしたことを明かし「他はいじくってるけどエラ削ってないのよ」とアピールした。

 ウソのニュースや噂が一気にSNSで拡散される時代に、フェイクニュースを突き付けられたらいったいどんな反応を見せるのか?という“新感覚ドッキリ”を仕掛ける番組。新庄監督は仕掛人として“参加”し「自身が激ダサジャージと専属契約し、そのジャージが激レア物で入手困難になり価格が高騰するのでは?」というフェイクニュースを流すと芸能人は買ってしまうのかというドッキリを仕掛けた。

 まずは激ダサジャージを選ぶべくスタジオに現れると「(普段は)ジャージが多い。ジャージでオーラを出すのが好きなんですよ」とひと言。「この間キャンプに行った時にジャージを何種類か借りたんですけど、そのジャージが全て売り切れて予約待ちだって。昔、俺が赤いリストバンドしてて、なおかつ賞を獲った時にはめてたモノが1個40万円、2個で80万円。俺の遠征で使ってたバッグが160万円」と自身が身に着けるものが人気になり、価格が高騰するというエピソードを披露した。

 無事に激ダサジャージが決まると新庄監督は過去のフェイクニュースについて聞かれ「あったな~。新庄剛志(整形で)エラを削るっていう。(実際には)他はいじくってるけどエラは削ってないのよ」と告白。かねてより美容整形手術を繰り返し受けたことを明かしているが、“エラは削ってない”とアピールした。

 そして、都内の某セレクトショップにて仮面ライダー俳優・内藤秀一郎がまんまと激ダサジャージを買ってしまうとVTRで登場。「アレッ!ジャージ買ったの高いお金出して。残念。こんな話を信じちゃダメよ。今回の経験を生かして今後はもっと自分を信じて生きて行きましょう」とメッセージが流れ、ドッキリは成功した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月18日のニュース