×

ソフト・柳田 合同自主トレ中コロナ感染 2・1キャプインへ影響懸念 真砂、谷川原、ハム・清宮も

[ 2022年1月18日 05:30 ]

佐賀県内で合同自主トレを行っていた柳田(後方右)ら(撮影・岡田丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは17日、合同自主トレ中の選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。佐賀県嬉野市では柳田悠岐(33)、真砂勇介(27)の両外野手と谷川原健太捕手(24)のほかスタッフ2人と日本ハム・清宮ら他球団の3選手が陽性。熊本では松田宣浩(38)、牧原大成(29)、野村大樹内野手(21)のほか他球団の3選手も陽性となった。12日には渡辺の感染も判明しているソフトバンク。春季キャンプへの影響が懸念される。

 新主将に就いた柳田が、思わぬ形でキャンプ前につまずいた。佐賀・嬉野市内で6日から真砂、谷川原、ロッテ・安田、西武・戸川、日本ハム・清宮と自主トレを開始。15日に一部の選手が発熱を訴えたため、翌16日にスタッフを含めた12人がPCR検査を受検。参加6選手とスタッフ2人の計8人が陽性判定となった。早々にフリー打撃を行うなどV奪回へ燃えていたが、ウイルスの魔の手が伸びた。

 17日現在で6選手とも発熱などの症状はない。保健所の指示で公共交通機関を使用せず移動。指定された療養施設、または自宅で静養を始めた。

 合同自主トレは20日までを予定していた。オフは球団管理下から外れる契約期間外。外食などで感染リスクが高まったのが要因と考えられる。

 この日、井上勲広報室長がオンライン対応した。「契約期間外は基本的に外出、外食の制限はしていません。シーズン中は球団施設を利用する際はスクリーニングテストなどを義務化しているがオフはそのタイミングがない」と説明した。

 6選手は国が定めるコロナ陽性者のガイドラインに沿って隔離期間に入る。無症状でのPCR検査で陰性判定が出るまでなどの条件で静養を強いられるだけに宮崎キャンプ開始までの仕上がりに、影響は必至だ。

 同室長は続けた。「自宅やホテルに待機する。陰性の濃厚接触者と違って外出もできない。調整に影響はあると思います」。チームでは12日に福岡県内で中村晃、栗原、柳町らと合同自主トレしていた渡辺も陽性判定を受けたばかり。14日には中村晃、栗原、柳町が濃厚接触者に認定された。渡辺以外の3人はPCR検査では陰性判定となり、各自で接触を避け自主トレを継続。陽性の渡辺は自宅静養が続く。

 キャンプインは2月1日。球春到来を前にコロナの脅威が主将を巻き込み、チームを襲っている。

 《ソフトバンク、コロナ感染経過》

 ▼12日 福岡県内で自主トレ中の渡辺がコロナ陽性になり自主隔離。

 ▼14日 渡辺と合同自主トレしていた中村晃、栗原、柳町と他球団の1人、スタッフ3人の計7人が濃厚接触者の判定。12日のPCR検査では7人とも陰性。

 ▼15日 佐賀県嬉野市で合同自主トレ中の選手の一部が体調不良。

 ▼16日 嬉野市の合同自主トレに参加中の12人がPCR検査し、柳田、真砂、谷川原、日本ハム・清宮、ロッテ・安田、西武の戸川とスタッフ2人の計8人が陽性判定。

 ▼17日 熊本市内で合同自主トレ中の松田、牧原大、野村大がコロナ陽性判定。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月18日のニュース