×

【阪神・藤井康雄コーチと一問一答】「チャンスであと一本が出ないところは、メンタルの部分かなと」

[ 2021年11月17日 05:30 ]

就任会見で抱負を語る藤井康雄1・2軍巡回打撃コーチ(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神は16日、西宮市内で藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ(59)の就任を発表した。背番号は81。年俸は1800万円(推定)。球団初の巡回打撃コーチ誕生は、後半戦でスランプに陥った佐藤輝の2年目の飛躍に向けたプランの最大の目玉。ソフトバンク・柳田らの指導実績をもとに、秋季練習、来春の沖縄・宜野座キャンプでの指導も決定した。以下は、藤井コーチと一問一答。

 ――阪神のコーチに就任した今の気持ち。
 「超人気球団の一員となり、すごくうれしい。でも大変さもこれから。大変だなという気持ちも持っている」

 ――矢野監督には会ったのか。
 「矢野監督、平田2軍監督には先ほどあいさつさせていただいた。矢野監督からは若い選手に理論立てて話をしてもらえるようにしてほしいと言われた。平田2軍監督には期待してるよと言ってもらいました」

 ――外から見た阪神の印象。
 「前半戦はあれだけ打ったけど、佐藤輝に関しては後半打てなくなった。外から見ている分には改善策はあると思う。もともと結果を出している選手。できていたわけだし、今できなくても、能力はあるから、そこに戻してあげたい。あと後半にチャンスで、あと一本が出なかったというところは、メンタルの部分かなと思う。その辺りも話をしながらチャンスで一本をどうするか、個々に話をしていきたい」

 ――現役時代は14本の満塁弾を記録。勝負に強くなる秘けつは。
 「そういう精神状態に持って行くためのものはある。それは選手に話したい」

 ――佐藤輝の打者としてのタイプは。
 「映像などを見ると(ソフトバンクの)柳田タイプ。何となくこうしたらいいというのは思っている。性格の部分もタイプによって違うので、そういうところも含めて話していきたい」

 ――改善策も柳田と共通する部分がある。
 「タイプという中では柳田と似ているところがあるのかなというふうには思う」

 ――アマチュアを指導したことのプラス面。
 「非常にありますね。体の使い方というのはプロに比べたら、特に中学生、高校生というのはできないんですけど、それをできるようにするための方法というのをいろいろ試せたというのが、この2年間であるかなと思います」

 ――指導する上で我慢強くなった。
 「我慢強くというところもありますし、やっぱり学生を見ていると、とにかく輝いているというか、特に中学生を見ていると、みんなプロ野球に憧れていて、プロを目指して頑張っている。そういう子供たちの目を見ていると本当にやりがいがありましたね」

 ――簡単に4スタンス理論とは。
 「生まれ持った重心というか、簡単に言えばみなさんの血液型と一緒でね。生まれてから自分の中の重心というのが決まっていますよというところです。その中で、それぞれがちょっと違う動きをしますよというところですね。それを、その子に、その選手に合った体の動かし方でやるとか、力の出し方でやるとか。そういうところを指導して、いかにナチュラルに、自然体に動けるように、力を出せるようになるかというところですね」

 ――4スタンス理論で回転型の弱点は。
 「基本的に弱点ということは、どのタイプもないと思います」

 ――一方で伸び悩む高山らもいる。
 「個が持っている本当の力をいかに出させるかだと思う。100のうち50、60しか出ていないのを、100の本来の姿を出させていけたらと思う」

 ――2軍には有望株もいる。
 「井上とかドラフトで入る前川右京もいる。すごく楽しみな選手だと思っている」

 ――ファンも藤井氏の指導を期待している。
 「阪神のコーチという報道(が出て)からいろんな書き込みでも期待されているのはわかるし、プレッシャーはある。自分の持っているものを出す。やることはそれだけ。覚悟を決めてやって、いい指導をして、いい選手になってほしい」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月17日のニュース