×

CSでやるぞ“ハッピーハンズ” 阪神・サンズ「いい準備できている」 昇格猛アピールの中前適時打

[ 2021年10月28日 05:30 ]

フェニックス・リーグ   阪神3-0DeNA ( 2021年10月27日    SOKKENスタジアム )

<フェニックスL D・神>3回2死三塁、サンズは中前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・サンズがCSに向け昇格をアピールした。3回、1点を先制しなおも2死三塁、左腕の坂本から中前適時打。3ボールから積極的に外角チェンジアップを強いゴロではじき返した。

 「しっかりと体を動かしておくことと、打席の中でいい感覚を持っておくことが課題」

 左翼を守り8回の守備からDHに代わったが9回の5打席目までフル出場したことが、やる気の表れだ。同リーグでは11試合出場で32打数8安打、1本塁打、9打点。きょう28日の南郷での西武戦も1時間半近くの移動をかけて先発予定で、平田2軍監督も「すごく意欲的」と評価する。

 「ポストシーズンへ向けていい準備はできている。ここで調整して、しっかり準備したい」。短期決戦に必要なのは直前の気配と強い気持ち。『ハッピーハンズ』が、チームをシーズン2位から押し上げる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月28日のニュース