「中嶋チルドレン」も歓喜 オリックス高卒2年目の宮城&紅林もフル回転 「これからの自信にもなる」

[ 2021年10月28日 05:30 ]

オリックス 25年ぶりパ・リーグ制覇

記念撮影で山本とともに腕を掲げる宮城(左)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックス・高卒2年目の「中嶋チルドレン」も初めて味わう優勝を素直に大喜びした。

 山本とともにフル回転しチーム2位の13勝をマークした宮城は「こんなに早く優勝できると思っていなかった。チームの力になれたことは、これからの自信にもなる」と満面の笑み。成長した点に「迷いなく先輩に声をかけられるようになりました。前半戦はみなさんとちょっと距離があったと思うんですけど、後半戦はいじってもらってうれしく思います」と笑いを誘った。

 同期入団の紅林も正遊撃手の座をつかみ、球団初では初となる10代での2桁本塁打を達成した。この日は体調不良のため、歓喜の瞬間を味わうことはできなかったが、ポストシーズンでも攻守で活躍に期待がかかる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月28日のニュース