日本ハム・稲葉新GM、新庄監督と再タッグで常勝軍団築く 個人名明言避けるも「新監督と話し合いながら」

[ 2021年10月28日 05:30 ]

フォトセッションで川村球団社長(左)とグータッチを交わす稲葉GM(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムは27日、球団スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)の稲葉篤紀氏(49)がゼネラルマネジャー(GM)に就任すると発表した。今夏東京五輪で侍ジャパンの監督として金メダルに導いた新GMは札幌ドームで就任会見に臨み、新監督に内定している新庄剛志氏(49)とのタッグで常勝軍団を築くことを宣言。初仕事はフェニックス・リーグと秋季キャンプの視察で、ジャージー姿でGMとしての第一歩を踏み出す。

 前例のないGM像が見られるかもしれない。侍ジャパン監督からのGM転身。現場の最前線に立って指揮を執ってきた稲葉氏が、今度は1学年上の盟友・新庄氏の後方支援役に回る。

 GM就任を打診された際の心境を「正直びっくりした」と打ち明けた。今はすでに新しい任務への決意に満ちている。新監督の発表前とあり「(名前を言えず)心苦しい」と個人名には言及しなかったが、新体制の組閣について「球団の考えと、新監督と、話し合いながらこれからしっかりと決めていくことになる」と強力バックアップを約束した。

 一般的なGM像ならスーツ姿が日常だが、フェニックス・リーグ、秋季キャンプの視察に向けて「ジャージーでグラウンドに出てコミュニケーションを取って、アドバイスもしたい」と宣言。今季4年目で初めて1軍出場なしに終わった清宮や野村ら未来の中軸候補に対し、コーチ陣に配慮しながらも“GM兼コーチ”として直接指導する姿が見られそうだ。

 侍ジャパンでチームの和を重んじた稲葉GMらしく「コミュニケーション」の言葉を強調。「秋季キャンプやオフの過ごし方も含め、私自身が話をしていきたい」と言い、通算2167安打した現役時代と侍ジャパン監督として得た知識と経験を若手に注入する。

 新庄氏とは05、06年の2年間、鉄壁の右中間コンビを組み、06年には北海道移転後初のリーグ優勝、日本一に貢献した。今度は監督、GMとして18年ぶりの3年連続Bクラスに低迷するチームの立て直しに着手する。「監督とコミュニケーションを取って、しっかり話し合いながら(チームづくりは)どういう方向性でいくかを決めたい。スカウティングと育成を融合させ、チームをつくりあげていく。ファンの皆さまとともに強いファイターズをつくっていきたい」と誓った。

 くしくもパ・リーグで、低迷を続けてきたオリックスの優勝が決まった日。強打でファンの「稲葉ジャンプ」を巻き起こした名選手が、新しい立場でチームをジャンプアップさせる挑戦が始まった。(東尾 洋樹)

 ≪球団SCOも兼務≫稲葉GMは現役引退翌年の15年から務める球団SCOを兼ねる。

 スポーツと生活が近くにあるコミュニティーの実現という球団の企業理念の責任者。野球普及や地域連携といったグラウンド外での活動をしてきた新GMは「道民の皆さんの声も聞きながら皆さんに愛されるチームを築いていきたい」と話した。

 吉村浩前GMは兼務してきたチーム統轄本部長専任となる。川村球団社長は「ファイターズにとってGMは重要な役割。吉村本部長が兼務しているので、彼の負担を減らす」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月28日のニュース