×

マー君 松坂引退試合は家族とテレビ観戦「近くで接して凄く感じた格の違い」

[ 2021年10月20日 18:52 ]

09年WBCでチームメートとして日本を世界一に導いた松坂(左)と田中将大
Photo By スポニチ

 楽天の田中将大投手(32)が20日、自身のYouTubeチャンネル「マー君チャンネル 田中将大」を更新。前日19日に引退試合を行い現役最後のマウンドに上がった西武の松坂大輔投手(41)への思いや思い出について語った。

 田中がプロ入りした07年に松坂がメジャー挑戦。ちょうど入れ違いとなりプロ野球では重なる時期がなかった2人。09年WBCでチームメートとして「エース松坂」を間近で感じながら世界一をつかみ、自身が海を渡った時には同じニューヨーク拠点のメッツに在籍していた松坂とグラウンドで話したことを懐かしんだ。

 17日の西武戦(楽天生命パーク)に先発し、19日は休みだったという田中は、妻でタレントの里田まい(37)と絶対に見ようと決めて自宅のテレビで松坂の引退試合をブルペンに入るところから観戦。松坂のことを知らない「5歳の息子に“こういう人だったんだよ”と説明しながら見てました」と話した。「松坂大輔」に対しては「ダルビッシュさんもツイッターで言われてましたけど、人間としての格の違いを見せられた、みたいなのは実際近くに接してみてじゃないと分からない部分ってあるじゃないですか。それはすごい感じましたね」と若い頃に接した「平成の怪物」の凄さを改めてかみしめ、「ファンの方々に物凄く惜しまれつつ…今日で引退されるんだなっていうのを凄く感じました」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月20日のニュース