2年ぶり6連敗中の巨人、陽岱鋼を登録抹消 古川が今季初昇格

[ 2021年9月12日 16:21 ]

巨人・陽岱鋼
Photo By 提供写真

 2年ぶり6連敗と苦しむ巨人は12日、陽岱鋼外野手(34)の出場選手登録を抹消し、古川侑利投手(26)を今季初めて出場選手登録した。

 台湾出身の陽は2017年に日本ハムから巨人へFA移籍。5年契約の最終年にあたる今季は8月28日に初めて出場選手登録された。「1番・右翼」として今季初先発となった9月10日の中日戦(東京D)では相手先発左腕・大野雄から第2打席に今季初安打となる右前打を放ち、4打数1安打。トータルで7打席に立って7打数1安打の打率・143だった。

 19年途中に楽天から巨人に移籍した古川は今季ここまでイースタンリーグで32試合に登板して2勝1敗2セーブ、防御率2・15となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月12日のニュース